競馬の仕事

   

馬の学校情報

馬の仕事とは?

馬の仕事といっても、いくつかの種類があります。

競馬の仕事

騎手とはレースに乗る人のことで誰でもなれるとは限りません。難関の試験を勝ち上がった人こそがなれるものです!

厩務員とは、トレーニングセンター(レースの前に滞在する場所で、栗東と美浦にある)で馬の世話を主にする人たちです。競馬と乗馬の履歴がないと試験が受けれません。多くの方が年に2回受けています

牧場での仕事は繁殖から育成調教まで様々あり、ガッツがあれば未経験でも可能です。ただ、その分やめる方が多いのが現状です。その為に経験を養う為に馬の学校は存在します。

乗馬の仕事

乗馬インストラクターとは、乗馬を行う方をレッスンする人の事です。人に教える仕事なので、乗馬の知識と経験がなければできません。

競技者とは、簡単に言うと、馬術競技のプロです。乗馬インストラクターもやっている方が多いです。

馬の学校の存在意義

以上の馬の仕事は、どれに関しても馬に関わる経験がないとできません。多くの方は、経験を積もうと思ってもその環境にないのが現状です。だからこそ馬の学校は存在します。